人気の美容施術

女性の目元

2通りのやり方とその特徴

長い美容整形の歴史において、最初から現在までずっと変わらず人気のある施術、それは二重整形です。時代の移り変わりと共に流行のファッションやメイクは変わりますが、いつの時代も二重は美しいという認識が持たれやすく、多くの女性が二重まぶたに憧れています。長年人気の二重整形ですが、昨今よく耳にするプチ整形というものの発祥もこの治療からでした。これまでメスで切開していた術式の概念を大きく変えた、メスを使わない治療法が人気になったのです。このプチ整形はいわゆる埋没法と呼ばれるやり方ですが、手軽なだけでなく人気の理由は安価な費用にもあります。クリニックや止める糸の種類等によっても異なりますが、相場は約3万円から8万円程です。一方のメスで切開する切開法の費用は約20万円から30万円と高額になります。費用もこれだけの差があるなら切開法は必要ないのではと考えられるかもしれませんが、そうではありません。元々の瞼に余剰皮膚が多い場合やうっすらとも線がない頑固な一重の場合は切開法が有効です。また、切開するだけあって効果は半永久的に続くため、もとに戻ってしまうのではという不安がないのはこちらの手法です。治療をうける人の瞼の状態や希望の形、予算によって最適な治療方法が異なりますので、詳細は医師と事前にしっかり相談しましょう。先述の通り、二重整形には大きくわけて2通りのやり方があります。ひとつはメスを使って瞼を切開し、二重の線を作り出す切開法です。瞼の一部を切るだけの部分切開と、瞼を全体的に切る全切開など本来は細かく術式があるようですが、一般的には切開法というひとくくりで知られています。一方のメスを使わないやり方を埋没法と言います。その名の通り特殊な医療用の糸を瞼に埋没させることによって二重の線を作る方法です。今は髪の毛よりも細く、しなやかで繊細な糸も開発されており仕上がりも非常に美しいものになりました。糸は止める箇所数が多いほど強固になります。1点留め、2点留めなどと呼ばれることが多く、箇所数が多くなると費用も高くなります。埋没法での治療をうける場合は、使う糸の種類や箇所数が出来上がりの二重ラインを大きく左右するため、実際に施術を行う医師をしっかり相談のうえで決めるようにしましょう。また、埋没法で治療をうける場合、糸が外れるなど一重に戻る可能性も否めません。しかし、逆手にとれば、それだけ自然な形の二重が作れるということ。万一にも希望と違う二重になった場合は糸をはずしてやり直しができるメリットがあるということです。二重整形の切開法、埋没法どちらにも違ったメリットがあるので、治療方法についても医師としっかり相談して決めましょう。

Copyright© 2019 二重整形で念願のぱっちり二重に変身!【埋没法と切開法の2種類】 All Rights Reserved.