腫れを早く改善するために

看護師

目的から治療先を探そう

生粋の一重マブタでも、二重整形を行うことでキレイな二重マブタになれますが、治療後はマブタに刺激を与えないのが大切です。そのことから花粉症の人は二重整形を行う時期にも注意しておく必要があり、できれば花粉が舞わない季節を検討した方が良いでしょう。もしも花粉の季節に受けた場合は、痒みで目をゴシゴシ擦らないよう、外出する時は花粉用の保護メガネを活用するのが得策です。ただし花粉用の保護メガネは顔に密着する構造なので、患部に当たらない物を選ぶように気をつけましょう。そして、術後のダウンタイム中に入浴する場合ですが、マブタの腫れがまだ引いていない時は、シャワーで軽めに済ませるのもポイントです。長風呂になりますと体が温まって血流が活発になり、腫れなどが起きやすくなるので注意しなければなりません。お風呂の後に顔を拭く時も擦ったりせず、タオルをファサファサと軽く当てるようにして、ソフトに水気を取ります。そのほか、就寝時に頭の位置を高くしておけば腫れも改善しやすいので、術後の暮らしでは枕の高さにも留意しておきましょう。うつ伏せ寝は患部を枕で擦りますから、できるだけ上向きで寝るように心掛けるのが肝心です。また、飲酒はむくみを招きやすいので、患部が腫れている状態で顔をパンパンにしないためにも、しばらく控えておいた方が賢明かもしれません。何を基準にクリニックを選ぶか、二重整形を受ける時も迷いがちですが、目的から逆算して考えれば選びやすくなります。例えば希望通りの二重マブタにして欲しい時は、ドクターにもそれなりの腕が必要となりますから、二重整形に慣れた熟練医を探すのが必須条件です。ドクターの練度は公式サイトなどを調べれば概ね確認できますので、経歴を詳しくチェックして、年間実績などが多い医師を選びましょう。その上で、自分の要望や悩みをきちんと聞いてくれるドクターかどうかを見極めます。これはカウンセリングを受ければ判断できますから、たっぷり時間を掛け、患者の話に耳を傾けてくれるクリニックをお選びください。カウンセリングを手短に切り上げてしまう医院では、希望の二重ラインに関してもジックリ話せませんので、望み通りの治療を受けられる望みが薄くなります。そして、埋没法の二重整形を検討している際は、保証が充実している美容クリニックをチョイスするのが名案です。化粧とメイクオフを毎日繰り返すうちに、マブタを留めていた糸が緩むこともあるため、保証が付いていれば安心できます。保証期間が長くなるほど費用はアップしますが、1から治療を受け直すよりお得ですから、埋没法では大切な判断基準です。

Copyright© 2019 二重整形で念願のぱっちり二重に変身!【埋没法と切開法の2種類】 All Rights Reserved.