ぱっちり目を手に入れる

顔に触れる女性

どんな種類があるのか

昔と比べると、美容整形というものが一般的になってきました。こっそりと通うイメージはほぼ無く、SNS等でもオープンに公表している人達も多数いらっしゃいます。中でも人気はやはり、二重整形の治療ではないでしょうか。ひと言で二重整形とは言っても、実は種類がたくさんあります。大まかには3種類です。まず一つ目に「埋没法」です。プチ整形として知られている、切らない二重の治療の事です。おそらく、二重の治療を受ける方の半数以上がこの方法ではないでしょうか。こちらは、瞼の中を糸で留めることによって二重のラインを作ります。万が一気に入らなかった場合は、元に戻すことが可能な方法です。取れてしまう可能性もゼロではありませんが、最近の施術は進化している為、余程状態に合わない簡単な方法で受けない限り、頻繁に取れることは考えにくいでしょう。次に、「切開法」です。こちらは、瞼を一度切開し癒着をさせることで二重のラインを作るものです。基本的には、元に戻すことはできません。受ける際には、医師としっかり相談して決めることが大切でしょう。最後に、「一部切開法」です。その名の通り、瞼の一部分を切開する方法です。こちらも基本的には元に戻りませんが、ごく稀にラインが薄くなる方もいらっしゃるようです。いざ二重整形をしようと決意したら、まず何から始めればよいのでしょうか。まずは、信頼できそうなクリニックを調べ、問い合わせをしてみましょう。多くのクリニックでは、無料の診察カウンセリングを行っているので、その予約を取ります。予約の際に、色々と質問をしてみるのも良いでしょう。ただ、どんな方法が適しているかどうかは、状態によって異なる為、診察次第という回答であることが殆どでしょう。質問としては、痛みはどんな感じか、麻酔はどのように行うのか、平均的にはどのくらいで落ち着くのか等の質問が良いのではないでしょうか。診察カウンセリング当日の説明や院内の雰囲気等で、受けてみる気持ちが固まったら、同意書等の申し込みと予約金の支払いを行います。埋没法であれば、当日に受けることが可能な場合がありますが、心配な場合は後日の予約を取りましょう。二重整形を考えている方の多くは、普段アイプチやアイテープを使用している場合が殆どです。この場合は、瞼の皮膚が伸びてしまっていたり、かぶれていたりと、状態が良くない事があるでしょう。診察際には、落ち着いた状態で診てもらう事が綺麗に仕上がる近道です。難しいでしょうが、診察カウンセリングまでの数日間アイプチをやめてみる事も良いでしょう。

Copyright© 2019 二重整形で念願のぱっちり二重に変身!【埋没法と切開法の2種類】 All Rights Reserved.